MENU

認知症はどのような状態なのか

認知症はどのような状態なのか

 

そもそも、「認知症」とは、どのような状態なのかをご存知でしょうか。

 

まず初めに認知症に関する基本を紐解いていこうと思います。

 

私たち人間は、加齢と共にさまざまな部位が衰えていきます。体のあらゆる細胞が死滅あるいは働きが低下します。

 

これが各機能の低下を引き起こさせ、体が弱くなっていきます。

 

そして細胞は身体全身にあります。脳にも細胞はたくさん存在しています。したがって、加齢により、脳細胞が衰えることによって、記憶力や判断力などの脳機能が低下していきます。

 

このように脳が衰え機能が低下したことで、対人関係や日常生活に影響を及ぼしている状態が半年以上続いていると「認知症」とされます。

 

ただし、症状はうつ病にも似ているため、正しい判断が重要になります。

 

現在日本の社会では、高齢化が進んでいます。

 

65歳以上の7人に1人は認知症と診断されていると言われるほど、国内でも深刻化しています。

 

また、認知症は徐々に症状が進行していきます。そのため、「予備軍」もあり、それを含めると4人に1人が認知症と言っても過言ではありません。

 

認知症は加齢による衰えが大きな原因になりますが、いつまでも若々しさを維持すること、認知症を予防することは可能です。

脳に良い栄養素を摂り、脳を働かせる、体を動かすなど日常生活の中で、予防していく策があります。