MENU

認知症の概要や判断について

認知症の概要や判断について

 

加齢とともに脳の細胞が死滅、また衰えていくため、認知症を引き起こしてしまいます。

 

脳機能の低下から、判断力や記憶力が落ちて対人関係や日常生活に影響を及ぼすことが半年以上続いているときに、認知症にあたります。

 

脳の機能が低下するため、社会生活や日常生活に影響することがひとつの特徴で、認知症の判断材料になります。

 

たとえば、記憶障害によって当たり前のことができなくなり、仕事にも影響を及ぼすことがあります。

 

そして、対人関係でトラブルを起こしやすくなる徴候もみられます。

 

また、認知症は意識障害がないことが特徴的です。

 

脳障害によっては意識障害が伴うことがありますが、認知症はそういったことがありません。

 

認知症は徐々に進むため自覚しないこともありますが、自覚するケースもあります。その場合、自覚することが気持ちを落ち込ませて、症状を悪化させることがあります。

まずは検査を受けて、認知症なら早期治療を始めていきましょう。現代の治療法は進歩していて、早期治療なら改善が見込めます。